スポンサードリンク


喘息の治療で大切なのは、喘息発作をコントロールするために、必要な薬を上手く使うことです。
喘息治療で使われる薬には、大きく分けて『喘息の発作を予防するための薬』と『起こっている発作を止めるための薬』の、二種類があり、それぞれの薬の役割を理解して、正しく使うことが大切です。

まず、『喘息の発作を予防するための薬』を、“長期管理薬(コントローラー)”と、いいます。

“長期管理薬(コントローラー)”は、喘息の発作に対して、即効性がある薬ではありません。
コントローラーは、喘息の原因である慢性の気管支の炎症を抑え、改善していく働きがあり、ある程度使い続けることで効果を発揮する薬です。ですから、症状がなくなっても、継続して使う必要があります。
そのため、長期間使用しても副作用が少ない薬が処方されていますので、自分で勝手にやめてしまったり、使用量を変えてはいけません。

“長期管理薬(コントローラー)”には、抗炎症作用のある、吸入ステロイド薬や抗アレルギー薬(ザジデン、キプレスなど)、気管支拡張作用のある、テオフィリン徐放製剤、長時間作用性β2刺激薬(セレベント、ホクナリンテープ)などがあります。


次に、『起こっている発作を止めるための薬』を、“発作治療薬(リリーバー)”と、いいます。

“発作治療薬(リリーバー)”は、喘息の発作で狭まってしまった気道を広げて、痰を出しやすくします。
空気を通りやすくして、呼吸をラクにするために、主に気管支拡張薬が使われます。ですが、気管支の炎症は治せません。

“発作治療薬(リリーバー)”には、テオフィリン薬(注射)や抗コリン薬、β2刺激薬、ステロイド薬(注射あるいは飲み薬)が使われます。中でも、β2刺激薬は、喘息治療には欠かせない、気管支拡張薬です。
“発作治療薬(リリーバー)”は即効性がある分副作用がでる可能性があるので、医師から指示された分量をきちんと守るようにします。リリーバの副作用には手の震えや動機などで、使用量を守らないと心臓に負担がかかることもあります。

薬物治療では、必ず医師の指示に従いましょう。
また、“発作治療薬(リリーバー)”のβ2刺激薬を、頻繁に使うような場合は、根本的な治療が不十分な場合が多いので、きちんと医師の指示に従い、必要であれば定期的な検査を受けるようにしましょう。

喘息の治療には、1) 生活環境を整備する  2) 心身の活動性を維持する  3) 薬で喘息をコントロールする、という “3つの柱”があります。

1) 生活環境を整備する
気管支を刺激する、タバコやストレス・冷気などを減らすように工夫してみましょう。
また、アレルギー性の喘息の場合は、できる限り、アレルゲンを遠ざける生活を心がけましょう。
特に、アレルゲンが特定されている人は、アレルゲンを除去するということが、とても大切です。
ダニやカビが繁殖しないよう、室内の掃除を徹底し、犬や猫・ハムスターやウサギ・小鳥などのペットは飼わないようにします。
生活を見直すことで、喘息の発作が起こりにくくなる場合もあります。
他にも、風邪をひかないように気をつけたり、雨の日や台風などの気温や気圧の変化に注意しましょう。

2) 心身の活動性を維持する
喘息の発作があらわれないからと言って、喘息が治ったわけではありません。
ですが、気管の炎症を改善して、発作が起こらないようにコントロールすることは可能です。
ですから、日常生活をあきらめる必要はないのです。

3) 薬で喘息をコントロールする
喘息を上手くコントロールするためには、薬物療法も欠かすことはできません。
喘息の治療のために使われる薬には、気管の炎症を改善し、喘息発作を予防するために継続的に使われる、“長期管理薬(コントローラー)”と、喘息の発作が起きた時、その症状を抑えるための“発作治療薬(リリーバー)”の2つがあります。

喘息の発作を予防するお薬(コントローラー)には、抗アレルギー薬のインタール(スプレー式吸入と吸入液)や、リザベン・サジテン・オノン・キプレスなどの飲み薬があります。インタールは、1日に2~4回吸入して使用します。
これらは、炎症を抑える作用を持っているので、気管の炎症を改善しながら、喘息発作を予防します。
また、抗炎症作用が強い“アルデシン”“フルタイド”などの“吸入ステロイド薬”も、喘息の予防薬として使われます。

喘息発作が出ているときに症状を抑えるために使う薬(リリーバー)には、“メプチン”などの“β2刺激薬”があります。
この薬は、気管支を拡張させて発作を抑える働きがあり、喘息治療には欠かせません。
即効性のある薬のためよく使われる薬で、気管支拡張薬の代表的な薬剤です。
テオフィリン徐放製剤(注射)も、気管支拡張作用があります。

ホクナリンテープなどもよく使われている外用薬です。気管支を拡張させる作用があり、胸や背中などに貼って使いますが、効果があらわれるまでに、数時間かかるため、長期管理薬として使われ、抗炎症作用のある薬と一緒に使われます。


喘息の発作は薬だけではコントロールできません。
喘息治療の“3つの柱”で、喘息発作が起こらないように工夫していく必要があるのです。

ステロイド薬は、現在の喘息の治療において、基本的な薬となっています。

ステロイド薬は、喘息治療の目的によって、1・発作が起こってしまったときに速やかに症状を抑えるためのもの(発作治療薬) 
2・発作を起こさないために予防的に使われるもの(長期管理薬)の、2つに分けられます。

喘息発作を予防し、喘息をコントロールするために使われる薬を長期管理薬といいます。
長期管理薬として使われるステロイド薬は、吸入タイプが使われます。
長期管理薬である、吸入ステロイド薬は、喘息の症状がでていない時でも使い続けることによって、慢性的に起こっている気道の炎症を抑える効果があります。
効果は、使用を始めて、3~7日後あたりから、あらわれはじめ、1ヶ月でピークになると言われています。

吸入ステロイド薬には、エアゾールタイプとドライパウダータイプがあります。
使い方や携帯のしやすさなどから、ドライパウダータイプを使うことが多いようです。
吸入ステロイド薬の使用量は、薬の種類・それぞれの症状や重症度で違いますから、医師の指示に従いましょう。
症状がないからといって、吸入ステロイド薬を、勝手に止めてはいけません。
勝手にやめてしまうと、気道の炎症は悪化してしまいます。
また、喘息を起こさないための予防薬として処方されている薬なので、発作が起きた時に使っても効果はありません。

喘息の治療に使われるステロイドの吸入薬には、フルタイドやパルミコート、キュバール、オルベスコなどがあります。
どの吸入ステロイド薬を使うかは、患者本人の好みや医師の考えで決めます。

他に、喘息の症状がひどい時には、プレドニンやプレドニゾロン、リンデロンなど経口ステロイド(飲み薬)がよく使われています。

吸入ステロイド薬は局所的に効果を発揮しますが、ステロイドということで、副作用がとても気になるところです。
喘息用のステロイド薬は吸入式なので副作用は少ないと言われていますが、“カンジタ症”や“声のかすれ”などがあるようです。
ですが、これらの副作用も、吸入後にうがいをすることで防ぐことが出来ます。

喘息の治療に、漢方薬を使っている人も多いようです。漢方薬は、その人の体質や症状に合わせて処方されます。
ですから、喘息の治療に使われる漢方薬は、1種類だけということはないのです。

例えば、体力のある人で、咳が激しい。また、夜間布団に入って体が温まると咳がでやすいという人には、『麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)』が、同じように体力がある人で、吐き気や微熱、食欲不振などの症状がみられる場合は、『小柴胡湯(ショウサイコトウ)』を処方します。

体格は普通で、普段から体に冷えがあり、寒くなると水っぽい痰がよく出る。季節の変わり目で冷えると、喘息発作が起こりやすいという人には、『小青竜湯(ショウセイリョウトウ)』がよく効くといわれます。

また、体力が低下していて、寒気や微熱、倦怠感などがある場合の咳には、『麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)』。
同じく体力がなく、激しい咳、喉のつまり、痰が切れにくいなどの症状がある場合は、『麦門冬湯(バクモンドウトウ)』が、処方されます。

また、喘息はストレスやホルモンバランスの崩れなどでも、発作を起こすことがあります。
『四逆散(シギャクサン)』は、精神的なストレスが引き金となって喘息の発作を起こすタイプの人の治療に使われます。
『柴朴湯(サイボクトウ)』は、気分がふさいで動悸や吐き気、めまいなどがある場合に、用いられます。

漢方薬は、保険が効かないといわれていますが、中には、健康保険の適用となっているものもあります。
さらに、漢方薬は病院で処方される喘息治療薬に比べて副作用が少ないと言われていますが、全くないわけではありません。
ですから、漢方の服用を考えている場合は、主治医や漢方薬局など専門家に相談してみるのもいいでしょう。
そして、服用するときは、医師や、専門化の指示をしっかり守るようにしましょう。

また、喘息が出にくい体質になるためには、咳や喘息によいとされる食べ物を積極的に摂ることも良いことです。
喘息に良いと言われている食べ物には、百合根のスープや銀杏のスープ、梨のホットジュースなどがあります。

反対に、唐辛子やワサビなどの刺激物、パパイヤやマンゴーなどは、気管支を刺激しやすく、咳や喘息の症状を悪化させる食べ物と言われていますし、アイスクリームなどもので、体を冷やしてしまい、よくないので注意しましょう。

体中にはいくつもの『ツボ』があります。
『ツボ』とは、中国医学で、『ツボ』を刺激することで、辛い症状を緩和したり治療することができると言われています。
その中から、気管支炎や喘息の発作予防や治療に有効なものを、いくつか紹介しましょう。
これから紹介する『ツボ』は、なでてあげることでも効果があるので、大人だけでなく、子どもが喘息の発作を起こした時にも、役に立ちます。ぜひ、覚えておくといいでしょう。

1) 「大椎」・・・首を曲げた時に大きく隆起する、首の付け根の中央部です。 親指で、力を入れ過ぎないように指圧します。

2) 「治喘」・・・「大椎」から左右5ミリ程離れたところにあります。 ヘアピンや爪楊枝(1本)などで皮膚が赤くなるくらいまで刺激します。
その後、お灸で暖かい刺激を与えることで、喘息の予防や治療の効果が現れます。

3) 「肺兪」・・・肩甲骨の内側で、背骨(第3胸椎)をはさんだ両側にあります。 患者をうつぶせに寝かせた状態で親指を左右のツボにあて、同時に押します。このツボはゆっくり指圧することがポイントです。

4) 「天突」・・・左右の鎖骨間のくぼみにあります。 のど元から下のほうへ、押し込むように指圧します。
このツボは、特に気管支喘息に効果的です。

5) 「中府」・・・鎖骨の下側、第2肋骨の外側と肩関節の間のくぼみにあります。 治療者側は患者の両肩をつかむように親指をツボにあて、力をいれます。(家庭で行う場合は、患者にあお向けになってもらうと、やりやすいでしょう。)

6) 「孔最」・・・前腕の内側を3等分して、肘から下3分の1の親指側です。 もむような感じで指圧していると、激しいせきによる、息苦しさが和らぎます。

7) 「咳喘点」・・・手のひらの人差し指と中指の付け根の間の少し下にあります。 ヘアピンや爪楊枝、爪などを使って刺激を行います。 
 
また、気管支炎や喘息のような、肺・気管の異常の場合、副腎機能の弱りも原因として考えられます。
ですから、次に紹介するツボも、よく刺激すると良いでしょう。

8) 「合谷」・・・手の甲の親指と人差し指の谷間の骨の人差し指よりにあます。このツボは、副腎の調節をします。
9) 「太渕」・・・手のひら側の手首で、親指側の横紋の下、骨の上にあります。このツボは、肺や気管支の機能を強めます。
10)「内関」・・・手のひら側の手首で、横紋より指2本分下の骨の間にあります。このツボは、ストレスを和らげます。


『ツボ』刺激による効果は、喘息の発作があるときはもちろん、予防効果も期待できると言われているので、症状のないときから、根気よく刺激を続けるようにしましょう。
ですが、喘息の症状がひどい場合などは、必ず専門医を受診するようにしましょう。

喘息の症状を悪化させたり、発作を起こしたりする原因は、身近なところにいろいろとあります。
思いがけないものが原因だったりすることもあります。
喘息発作を予防したり、悪化を防ぐためには、薬を使っての治療と併用して、日常生活に気をつけたり、生活環境を整えることも、大切なことです。生活環境を整えただけで、“喘息発作が劇的に減った”と、いう話もあります。

では、どんなものが、喘息発作を起こしたり、悪化させたりするのでしょうか。

家の中では、ハウスダストやダニ、カビ、ペットの毛などが原因になります。
ですから、じゅうたんより、フローリングの方が良いでしょう。
できれば、猫や犬、ウサギやハムスター小鳥なども飼わない方がいいです。
また、カビなどが繁殖しやすい、空気清浄機やエアコンなどのフィルターもこまめに掃除しましょう。
家ダニはハウスダストの中に隠れています。ホコリを溜めないようにしましょう。

シーツやソファーなどの素材にも注意して、アレルゲンを発生させにくいのものを使うようにし、まめに洗濯するようにします。

他にも、大気汚染、室内汚染も喘息発作の原因となります。
タバコの煙は喘息患者本人にも、周りの人たちにとっても良くないものです。喫煙している人は禁煙を目指しましょう。

また、小麦や卵、エビなどの食品も喘息の原因となります。アレルゲンが何か、検査をしてみるのもひとつの方法です。
生活環境を整えることは、喘息の発作を起こさないようにするためにとても大切なことです。


天候も、喘息の原因になります。台風や雨の日など、気温や気圧の変化によっても、喘息は症状が出やすくなります。
そして、季節の変わり目といわれる、秋や春に喘息発作で病院にかかる人が多くなります。
これらは、1日の中での気温差が激しいこと、朝晩は冷たい空気が入り込むようになることなどが、敏感な気道を刺激してしまうからです。

風邪などのウィルス感染も喘息を発症したり悪化させたりする原因となります。
さらに、喘息の薬を効きにくくしてしまうので、もしも風邪をひいてしまったら、なるべく早めに受診しましょう。
喘息の人は、普通の人よりも風邪をひきやすいと言われていますので、手洗いやうがいで予防することが大切になります。


また、アスピリンなどの薬剤が原因になることもあります。
アスピリンは、解熱鎮痛剤・湿布薬・坐薬など、ほとんどの市販薬に含まれていて、アスピリンが原因での喘息発作は命を落す可能性もあるので、使用には注意が必要です。

それ以外には、精神的なストレスやホルモンのバランスなども喘息を悪化させる原因になりますから、発作を起こさないためには、ストレスを上手く解消するということも大切でしょう。

喘息の原因は、アレルギー体質と気管支の粘膜の炎症で起こるものが多いと考えられています。

アレルギーの原因物質であるアレルゲンが、慢性的に炎症を起こしている気管支粘膜に付着することで、気管支粘膜はアレルギー反応を起こし、炎症は悪化します。炎症が悪化することで、喘鳴や呼吸困難などの喘息の発作が出るのです。
また、気管支に慢性的な炎症を起こしている喘息の人は、普通の人よりも風邪をひきやすい傾向にあります。
喘息の人が風邪を引いてしまうと、それが刺激となり喘息が悪化することが多くなります。

このように、気管支を刺激し喘息を悪化させる因子を“憎悪因子”というのですが、風邪は、その代表といえます。

風邪をひくと、喘息が悪化することが多く、その場合、喘息の薬が効きにくくなります。

数ある風邪のウイルスの中でも、喘息発作を起こしやすいと言われているのが、鼻風邪を起こす“ライノウイルス”と、“インフルエンザウイルス”です。
特に“インフルエンザウイルス”は危険で、インフルエンザが大流行した年は、「喘息による死亡が増えた」という例があります。

完全に風邪を引かないようにすることはとても難しいことですが、風邪も、喘息の発作を起こす引き金となることは確かなことなので、風邪をひかないように注意しましょう。
少しでも風邪を引きにくくするように手洗いやうがいを行い、吸入ステロイド薬で予防しましょう。

もし、風邪をひいてしまったら、早めに受診・治療をしましょう。
風邪をひくと、喘息の薬が効きにくくなりますから、吸入ステロイド薬を続けることで、少しでも気管支の炎症の悪化を防ぐようにしましょう。大切なのは、喘息の発作を起こさないことです。

また、風邪に対しては、症状に合わせた対症療法ですので、熱や痛みを抑える“解熱鎮痛剤”の使用について、「アスピリン喘息」の人は、特に注意が必要になります。

風邪と喘息の悪化についてお話してきましたが、中には、風邪を引いた時だけ“ゼーゼー、ヒューヒュー”という症状が、でるものもあります。これは、『喘息性気管支炎』というもので、気管支が細い乳幼児に多い症状です。
この“ゼーゼー、ヒューヒュー”という喘鳴は、喘息と違って風邪の時にしか現れません。ですが、『喘息性気管支炎』の治療は、喘息と同じ治療が有効となります。

『喘息性気管支炎』は、大きくなって体力がつけば自然と出なくなるものですが、喘息の一歩手前の状態であると考えられていて、放っておくと、気管支喘息に移行することもあるので、しっかり治療しましょう。

喘息の原因の一つに、アレルギーとの関係があります。
実際、喘息の症状がある人にアレルギーテストをしてみると、何らかのアレルギーを持っているという結果が出ています。

特に、子どもの喘息はアレルギーが原因であることが多いと考えられています。
ですが、大人になってからの喘息は、アレルギーだけでは説明のつけられない喘息もあります。
例えば、自律神経やホルモンのバランスが崩れたり、ひどいストレスがある、内分泌の異常などということでも、喘息の症状は出るのです。
ですから、『喘息だから、アレルギー体質である』と、いうわけでもないのです。

しかし、喘息患者のおよそ7割の人が、喘息の原因となるアレルゲンを特定できているというのも、事実なのです。
ですから、『アレルギー体質だと、喘息になりやすい』と、言えるのかもしれません。

喘息の発作を起こすアレルギー物質として、多くの人が反応をしめすのが、ハウスダストやカビ、ダニ、ペットの毛などです。
中でも家ダニは、ハウスダストに含まれることが多く、アレルゲンを調べると半分以上の人がダニに反応します。
ですから、こまめに掃除がしやすいように、じゅうたんでなくフローリングにしたり、ペットは飼わないようにする、エアコンのフィルターは常に清潔にしておくなど、生活環境を工夫することも、喘息の予防には効果があります。

また、喘息の症状を悪化させないために一番大切なことは、発作を繰り返し起こさないことです。
ですから、喘息発作を起こす原因が何であるかを知っておくことは、とても大切なことです。
食べ物や薬が原因で発作が起こる場合もありますから、一度、検査をしておくと良いでしょう。

喘息には、原因物質が特定できる“アトピー型”と、原因物質が見つからない“非アトピー型”があります。
大人になって喘息を発症した場合は、“非アトピー型”が多くなりますが、少なからず喘息とアレルギーは関係があるものなので、喘息の発作を起こしにくくするためには、アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)に、できるだけ接触しないような生活を心がけるようにしましょう。

気管支喘息は、気管支が常に炎症を起こしている状態で、とても過敏になっています。

なぜ、気管支喘息が起こるのか、原因については、ハッキリとしいませんが、遺伝的な要素(アレルギー体質)、精神的なストレスや自律神経失調症、内分泌機能の異常、空気汚染などの環境、気道過敏症、風邪などのウイルス感染などが、気管支喘息を起こす原因ではないかと考えられています。

中でも、一番有力なのが、“アレルギーが原因しているのではないか”というものです。
実際、気管支喘息の患者に対して、アレルギーのテストを行ってみると、約70%の人に、原因となるアレルゲンが見つかると言われています。
気管支喘息がアレルギーが原因で起こる場合、アレルゲンとして挙げられる頻度の多いものは、“ダニ”“室内のホコリ”“ユスリカ”“スギ”“ネコの毛”“エビ”“イヌの毛”などがあります。これらの、アレルゲンとなる物質を除去するということは、アレルギーが原因で起こる気管支喘息の発作を起こさせないためには、とても役に立ちます。

しかし、アレルゲンとなるものは、とてもたくさんありますし、大人になってから症状があらわれた気管支喘息の場合などは、喘息の原因がアレルギーでないこともあるので、原因の特定は困難なこともあります。

ですが、気管支喘息の原因が何なのか。アレルギーが原因なのか、アレルギー以外が原因なのか。
また、アレルギーならば、アレルゲンは何かということを、突き止めることは、喘息発作を起こさなくするためには必要なことでしょう。

原因が何であれ、気管支喘息の患者数は、毎年増加傾向にあります。

ハッキリと原因物質が特定できなくても、喘息を持っている人は、喘息発作が起きた時だけ、気管支に異常があらわれるのでなく、『気管支が慢性的に炎症を起こしている』ことが、分かっています。
ですから、普段から気管支の炎症を抑えることが、喘息発作を起こさないために何よりも大切なことです。

このことから、治療方法も症状が起こっているときのみの対症療法ではなく、喘息発作を起こさせないための予防的な治療へと変化して、喘息発作を上手くコントロールできるようになってきました。

それによって、気管支喘息の発作を気にしないで、健康な人と同じような生活を送れる患者も増えています。

喘息という同じ病気による悩みや情報交換のできる場として、「喘息患者の会」というものがあります。
これは、喘息を持った人やその家族によって作られています。
喘息に対しての悩みや不安を、同じように経験してきている人たちと話ができるというのは、とても心強いものです。

「喘息患者の会」で、最も早くから創られていて、有名なところでは、“石川県喘息友の会(愛称 わかば会)”でしょう。
石川県喘息友の会(わかば会)1974年に設立されました。
設立当初は、喘息患者・家族・関係者など、400名だった会員も、現在では1000人を超える会員数となり、全国規模の会になっています。

“石川県喘息友の会”という名前ですが、石川県内の者と限っているわけではないので、日本全国どこに住んでいても会員になることが出来ます。
わかば会では、正しい喘息の知識や最新の喘息の治療などを、喘息患者や家族に対して発信しています。
わかば会が毎月発行する機関誌「わかば」は、小児喘息情報・新医学的ニュース・質問コーナー・喘息患者による文芸欄など、大変充実した機関誌です。

また、わかば会によって運営されている、「喘息を克服するためのホームページ」にある“喘息Q&A”では、わかば会 顧問の清水 巍先生によるセカンドオピニオン的な立場からのアドバイスなども受けることができます。

石川喘息友の会を発端にその後、喘息患者の会は全国各地で設立されました。
そして、各地の喘息患者の会と横のつながりを持つために、『日本喘息患者連絡会』というものが1989年に発足されました。

1980年にスタートした喘息大学では、「喘息は知れば知るほどよくなる病気」を軸に、喘息を克服しようとする人たちが、日々正しい知識を身に付けています。

同じ悩みや疑問を持つ人と話し合うことが出来たり、不安を取り除くことが出来れば、治療に向かう姿勢も変わってきます。
「喘息患者の会」は、多くの疑問や不安に対して、アドバイスになるような情報交換の場なのです。

また、愛媛生協病院では、病院が中心となって、愛媛喘息患者会(青空会)を運営しています。
この会は、愛媛県在住の患者と病院の医師・職員で構成されています。
愛媛喘息患者会(青空会)では、2ヶ月ごとの機関誌を発行したり、学習会・レクレーションなどが行われています。